【一撃9999枚獲得】モンハンのメダルハンティングGで狙うべきは一撃JPか狩猟JPか?期待値で全てを比較してみる

f:id:kyadu777:20180811184205j:plain

 

2017年7月に稼働が開始した「モンスターハンター メダルハンティングG」についての攻略記事です。この記事を最後まで読めば手元のメダルを爆発的に増やせる可能性が広がるので、宜しければ最後までお付き合い下さいませ。

 

・アイテムを持っている時に、狩猟JPの一次抽選はどれくらい成功するか?

・落とし穴だけ持っているけど、狩猟JPと一撃JPどっちを狙うべき?

 

など、これらの疑問をシミュレーション結果をもとに解説していきます。 最適な立ち回りで、ガンガン狩ってメダルを爆発させましょう!

 

SPONSORED LINK
   

もくじ

4種類用意されているJPの違いについて

 

このゲームでは4種類のジャックポット(JP)が用意されており、ジャックポットを当てる為のJPクエストに挑戦するには以下の2通りの方法があります。

 

  • ボールを5つ落として挑戦できるクエスト抽選にて「JPクエスト挑戦権」を獲得する。
  • 不定期に出現する「イビルジョー」というモンスターの盗伐に成功する。
  • SJPステップを3つ貯める(SJPクエストのみ)。

 

4種類のJPクエストの詳細は以下の通りです。

 

「一撃JP」

低確率だが、1発勝負で決まる。

成功率:5%(1/20)

 

「狩猟JP」

一次抽選と二次抽選の両方を突破する必要があるが、二次抽選では他よりもJP獲得率は高い。ただし支援アイテムが3種類存在する。

一次抽選成功率:?%(アイテムの所持状況による)

二次抽選成功率:13%(2/15)

 

「大連続JP」

超低確率だが一次抽選と二次抽選を突破すると「一撃JP」と「狩猟JP」それぞれの配当の合計枚数が当たる。

一次抽選成功率:17%(1/6)

二次抽選成功率:17%(1/6)

 

「SJP」

SJPステップを3つ貯めて挑戦可能。1発勝負で決まる。

成功率:7%(1/15)

 

メインのJPの他に、一撃JPクエストとSJPクエストでは以下のようなプチJPもあります。

 

一撃JP:700枚配当の「リオレイア討伐」確率5%(1/20)

SJP:1000枚+α配当の「ラオシャンロン討伐」確率7%(1/15)

 

お目当てのジャックポットを外した場合でも、50枚~300枚程度の配当がもらえます。またはプチJPで700枚や1000枚もありますが、このゲームにおいては爆発的な大当たりを起こすJP獲得が勝敗を左右すると言っても過言ではありません。

 

各店舗の設定にも左右されますが、4種類全てのJPにおいて10000枚前後の配当すら期待出来ます。実際に私がよく行くお店では、一撃JPの配当が上限9999枚までカンストしていた事もありました。

 

f:id:kyadu777:20180811193105j:plain

 

このようなジャックポットを一発ぶち当てるだけで一気に10000枚ものメダルが降り注いでくる、この圧倒的な配当枚数がモンスターハンターメダルハンティングG最大の魅力ですね!

 

私は9999枚のJPを獲得したことはまだありませんが、7961枚の一撃JPを獲得した時には何重ものドル箱にメダルをジャラジャラ注ぐ程の大当たりをした事があります。

何十分にも及ぶ払い出しは圧巻で、何とも言えない達成感に満ち溢れていました。脳から幸福物質がドバァーってなっているような、あの気持ち良さは病みつきになります。

 

f:id:kyadu777:20180811194350j:plain

 

f:id:kyadu777:20180811194728j:plain

 

f:id:kyadu777:20180811194822j:plain

 

この日は一気に貯金のメダルが5000枚に増えてくれました。モンハンのJPの破壊力、恐るべし。

 

※2018年8月12日追記

この攻略記事を書いた翌日に一撃JPで9999枚当てちゃいました。(゚∀゚)

f:id:kyadu777:20180812222652j:plain

f:id:kyadu777:20180812222813j:plain

このようなJPを獲得するには、運ももちろん必要ですが、それ以上に適切な立ち回りをする事が大切になってきます。

特に「狩猟JP」の項目で説明した通り、狩猟JPは一撃JPの成功率(5%)に比べて二次抽選でのJP成功率は倍以上です(13%)。

 

しかしながら、狩猟JPではまず一次抽選を超えない限り二次抽選に挑戦することすら出来ないので、総合的にみて一撃JPよりもJP獲得が成功しやすいかは明確ではありません。

 

一次抽選で使える「支援アイテム」は3種類ありますが、これらのアイテムの所持状況によって、一次抽選の成功率は大きく変わります。状況に応じて、

 

  • 「一撃JPクエスト」と「狩猟JPクエスト」のどちらに挑戦する方がより合理的なのか
  • 「SJP」は積極的に狙う価値があるのか
  • 「大連続JPクエスト」は他のJPクエストよりもリターンが本当に大きいか?

 

これらのことを正確に判断出来るように、アイテム所持状況ごとに変動する「狩猟JPクエスト」の一次抽選突破率を分析してみましょう。

 

「狩猟JPクエスト」一次抽選の成功率について

 

まず、狩猟JPの一次抽選で使用できるアイテムの性質から確認しましょう。アイテムは1度使用すると、その効果を失います。

 

  • ②大タル爆弾:使用すると1ダメージ。使用時に部位破壊ボーナスにより配当メダルが100枚~200枚増加する。
  • ④閃光玉:使用すると1ダメージ。使用した次のターンのみ③と④の穴が「✖」から「1ダメージ」に代わる。3球目に使用した場合、特別に4球目の抽選が発生する。
  • ⑥落とし穴:使用すると3ダメージ。これを使用すると1回で3ダメージ与えるのですぐに二次抽選に挑戦できる。

 

狩猟JPの一次抽選は①~⑥の穴に入るボールを3回発射し、それらの穴に入ったときには以下のようにその出目に対応したダメージを与え、ジンオウガと呼ばれるモンスターに3ダメージ以上与える事が出来れば一次抽選クリアとりなり、晴れて二次抽選(JP獲得13%のチャンス)に挑戦出来るようになる。

  • ①:1ダメージ
  • ②:1ダメージ(アイテム無し:0ダメージ)
  • ③:0ダメージ
  • ④:1ダメージ(アイテム無し:0ダメージ)
  • ⑤:1ダメージ
  • ⑥:3ダメージ(アイテム無し:0ダメージ)

 

これらの条件をもとに、4回ボール抽選をした場合の①~⑥の穴への入り方全通り(6の4乗=1296通り)を検証することにした。

もちろん、基本的に狩猟JPクエストの一次抽選は3球の抽選で3ダメージ以上与えられるかの勝負ですが、閃光玉の効果によって4回目のチャンスが生じる性質を加味し、敢えて最初から4球での組み合わせ全通りを考慮しました。ただし3球目の時点で必要ダメージを満たしている場合、4球目のダメージは空白にして何も表示させないようにしています(閃光玉の使用時における勝率を計算する際に、分母が異なり結果の比較がしづらい為にこのような手段を取りましたが、もし他のやり方をご存知の方や、数学が得意な方がいらっしゃいましたら、コッソリ教えてください)。

【出目の組み合わせパターン全通りと、その場合の与ダメージ】

f:id:kyadu777:20180811175517p:plain

 

【出目に対応するダメージ表】

f:id:kyadu777:20180811175522p:plain

 

これを支援アイテムの所持状況8通りをそれぞれ検証し、勝率などについてまとめた表が以下のものです。

 

f:id:kyadu777:20180811183950p:plain

 

ここから、狩猟JPクエストの一次抽選について読み取れることをまとめます。

  • 何もアイテムがない状態での成功率は20%しかないので、ほぼ突破不可能。
  • アイテムの価値は、②大タル爆弾<④閃光玉<<<⑥落とし穴
  • 落とし穴だけしか持っていなくても、58%の確率で一次抽選は突破できるので積極的に狙っても良い。
  • アイテムをすべて所持している場合でも突破率は81%が限界なので、ほぼ100%突破出来る訳でもない。
  • 落とし穴+もう1個アイテムがある状態なら67%~71%で突破出来る。3つ全て集めた場合と10%程しか勝率に差はないので、アイテムを全て集めるよりも、積極的に数をこなそう。

 

一次抽選さえ突破できたら、あとは高確率な二次抽選でJPを獲得するだけです!頑張ってください!

①一撃JP②狩猟JP③大連続JP④SJPのどれを狙うべきかを「期待値」から考える

どの支援アイテムを持っていると狩猟JPクエストの勝率上がるかは掴んで頂けたと思います。それでは、その情報を使って他のJPクエストとのJP期待値(JPのみを考える)の差を見てみることにしましょう。

Case1.一撃JPも狩猟JPもSJPも、すべて当たった時の配当が5000枚(同じ程度の枚数)の場合

f:id:kyadu777:20180811175534p:plain

JP枚数が同程度である場合、狩猟JPのJP期待値は一撃JPや大連続JPを狙うよりも遥かに高くなっています。大連続JPクエストは当たった時の配当こそ最大ですが、一次抽選と二次抽選の同号的な勝率はたった3%しかないので実際はほとんど成功せず、期待値を取るとかなり低く出てきていますね。

Case2.一撃JPが9999枚で、狩猟JPとSJPは5000枚(一撃JPの配当だけ極端に高い)の場合

f:id:kyadu777:20180811175537p:plain

先ほどの写真のように一撃JP配当が上限いっぱいの9999枚で、狩猟JPの配当はその半分の5000枚程度しかないような場合でも、狩猟JPを狙ったほうがJPの期待値が高い場合があるという結果になっていますね。これがまさにアイテムの所持状況で選択が変わる場面であり、アイテムを全て所持しているのであれば迷わずに高額配当の一撃JPクエストを蹴って、そこそこ配当の狩猟JPクエストを選択する事もアリなのです。表から読み取れる通り、SJPや大連続クエストのJP期待値よりも狩猟JPの方が期待値が遥かに高い時もある事を覚えておいて下さい。

 

もちろん、期待値で堅実な儲けを重視するよりも一撃のインパクトが欲しい方はその限りではありませんよ。9999枚なんて巨額の枚数をいつか当ててみたいものですね!

・総括:メダルを増やす為に必要な立ち回り

これまでのお話をまとめると、以下のような立ち回りによってメダルを増やす事が出来るようになります。

  • 期待値を常に考慮し、「SJP」、「大連続JP」や「一撃JP」よりも「狩猟JP」を積極的に狙いに行く。
  • 枚数にも依るもののSJPの期待値はそこまで高くなりにくいので、無理にSJPステップの貯まっている台に拘らなくてもOK
  • 狩猟JPクエストは⑥落とし穴+アイテム1個の状態でも約70%で突破出来るので、どんどんチャレンジしよう!

 

以上、モンスターハンター:メダルハンティングG攻略【JPクエスト編】狙うは一撃JPか狩猟JPか?でした!

モンハンのメダルとっても楽しいよ。みんなも!ひと狩り行こうぜ!!

 

SPONSORED LINK