【メダルの増やし方】朝一のゲーセンで10枚→289枚に【アラビアンジュエル】

SPONSORED LINK
   

f:id:kyadu777:20170315082106j:plain

おはようございます。まいどおおきに!荒川真行です! (@Kyadu777) | Twitter

 

僕は幼稚園児の頃から、ゲームセンターのメダルゲームでたくさん遊んできました。

 

5歳児で「ビンゴプラネット」というメダルゲームにハマり、21歳になった今も父親や彼女と「ビンゴギャラクシー」という後継機でよく遊んでいます。

 

 

ゲームセンターのメダルゲームは、3000円で1000枚などのレートで最初にメダルを買って、そのメダルを増やして遊ぶゲームですね。賭博が制限される日本では、「なんちゃってカジノ」みたいなポジションでしょうか。

 

このメダルゲーム。遊びとしては何よりコスパがよろしい。

手元のメダルが無くならない限り遊べるので1日中遊べたり、上手くいけば1か月位はお金を使わずに遊ぶことも出来るんですよね。

 

 

ただし最初に「何千円か費やしてメダルを買う」必要があるのがネック。

メダルを使い切ってしまえば、また3000円などのお金がかかってしまう事も。

 

 

大学生にとっては3000円、超大金ですね。笑

そこで本日は、

 

「ゲームセンターでそんな大金を使うのもなぁ(´・ω・`)」

 

という方向けの為に、メダルを購入せずに289枚のメダルを手に入れたメダルの稼ぎ方をまとめておこうと思います。

 

 

 

メダルを稼ぐにはとにかく「ハイエナ」が重要

メダルゲームでメダルを増やす為には美味しいとこどり、いわゆる「ハイエナ」という行為が重要になってきます。

 

そもそもゲームセンターのメダルゲームは「客が買ったメダルを回収する事」によって利益を上げているので、期待値の話をすれば私たちの買うメダルは「確実に減るように」仕組まれているんですよね。

 

なので、メダルを増やす為の「勝ち」を自分で積み重ねようとするのではなく、他人が積み重ねてくれたものをいかに自分の利益に変換するかが、稼ぐ為の最短距離になりますね。

 

そこでオススメしたいのが、「朝一のプッシャーマシン」です(´・ω・`)♪

 

「究極のハイエナ術」は朝一のプッシャーマシン!

「プッシャーマシン」と呼ばれる遊戯機械は、メダルを投入して中にある手元の大量のメダルを落としたりしていきます。

 

ゲームセンターに行くと、おばちゃんたちが物凄い勢いでメダルを大量投入しているような光景を見たことがある方はイメージが付きやすいと思います。

 

「メダルをとりあえず稼ぐ」事だけに着目すれば、プッシャーマシンは非常に優秀です。理由は後述しますが、これらの機械は他のどの時間帯よりも「朝一」が狙い目。

 

 

実際に先日、良く行くゲーセンに朝一番で行ってみました!

 

朝一のゲームセンターで案の定「超やりっぱなし台」発見。

 

平日の朝一でゲームセンターに向かった所、すでに開店待ちの大人が5人。どの世界にもガチ勢はいるものですね('ω')

 

幸い、自分と同じようにメダルゲームを目的にしていた人は居なかったのでのんびりと「おいしそうな朝一プッシャー台」を探して歩いていると・・・あった!

 

 

f:id:kyadu777:20170315082201j:plain

 

(`・ω・´)おっほぉぉぉ!!!

 

 

見つけたのは「アラビアンジュエル」というプッシャーマシン。

 

フィールドに溢れるメダル。見るからに輝きを放つ大小さまざまなカラフルなボール。

さっそく狙いを定めました。これは大漁だ…とすぐに推測しました。

 

とりあえずメダルを10枚を用意してみた

 

 

メダルの貯金なんてなかったので、まずはメダルを手に入れなければいけません。

 

買うと大きな出費になるので、お店中にひょっこり隠れているメダルたちを探し集めます。他の人が払い出し口で取り残したままのメダルって結構あるんですよね。

 

そういう数枚の放置メダルが見つかると、だいたいすぐ持っていかれちゃうんですが朝一で他にお客さんも居ないので、割とすぐにちょこちょこ見つかりました。

 

f:id:kyadu777:20170315082258j:plain

 

とりあえず10枚を手元に用意。さて、これを増やしていきましょう。

 

いざ、1枚投入!

改めて先程の台に着席。

 

プッシャーマシンの特徴なのですが、メダルを1枚入れるとプッシャーの機械が動き始める仕組みになっています。なので、フィールドにたんまり溜まったメダルがメダル投入と同時に前へ「ごわっしゃぁぁ!」押し出されるのです。

 

どれだけのメダルが手に入るか、とても楽しみになってきました。この時点でテンションだだ上がりです。

 

とりあえず1枚投入!!

その時の様子がこちら!

 

 

youtu.be

 

おほぉwwww

 

 

1枚メダルを入れただけで、出るわ出るわ。30秒くらいずっとメダルが払いだされました。最終的に1枚のメダルが大変身して、手元にはメダルの山が出来ました。

 

f:id:kyadu777:20170315085803j:plain

 

 

 

 

これをもともとのカップにいれると、こんな感じ。

 

 

 

 

f:id:kyadu777:20170315085844j:plain

 

 

いやー増えた増えた( ´ ▽ ` )

 

 

では、拾い集めた10枚のメダルは何枚まで増えたのか?(実際は1枚しか使ってないけど)カウントしてみました。

 

 

 

f:id:kyadu777:20170315090028j:plain

 

 

 

 

まず10枚を先に預け、その後で残り全部をカウント!その合計は・・・。

 

 

 

 

f:id:kyadu777:20170315085940j:plain

 

 

 

+289枚!!!

 

 

 

普通に買うと1000円でメダル200枚と交換のお店なので、約1500円分くらいお得に遊べた事になりますね。そっかた2時間ほどお金を使わずに遊べてしまった訳ですね。ほくほく!

 

たくさんのボールを落としたので様々なイベントも立て続けに起こりました。

 

 

 

f:id:kyadu777:20170315090118j:plain

 

フィールドにはこれだけジャラジャラとボールが溢れていたので、ジャックポッドと呼ばれる大当たりが何度も発生するんですよね。

 

 

f:id:kyadu777:20170315090154j:plain

 

 

あたりはショボかったですが(´・ω・`)

それでも最終的に長い時間、たーっぷり遊んで帰りました(*´▽`*)

 

 

 

 

なぜこのような環境が整うのか?

f:id:kyadu777:20170315090233j:plain

 

なんであんなに大量のボールやメダルを残して「前のお客さん」は止めてしまったのか?なんであんな美味しい環境が朝一に整うのか?

 

これには、ゲームセンターの閉店時間ギリギリまでプレイする人の努力が隠れているんですよね。大体、多くのゲームセンターでは必ず何人か「閉店時間まで遊び倒す人」が居ます。常連さんなんかは特に。

 

例えばパチンコなんかでも「確変」が起きるとむっちゃ稼ぐチャンスなので、台からは離れたくないですよね。でも閉店時間が来たらどんなにチャンスが続いたとしても帰らざるを得ませんから、泣く泣く放置して変える羽目になってしまうのです。

 

特にプッシャーマシンなど、メダルゲームにおいては閉店時間の30分前にプッシャーが停止するようにタイマーが設定されている事も多く、閉店ギリギリにプレイする人は「あとちょっと!!」という所でも終了~!となってしまいます。

 

それが朝一に持ち越されるわけですが、その人は大体の場合朝一では来ません。大体閉店ギリギリまで居るのは「いい大人」だったりするので「ゲーセンなんて朝早くからいく程の所でもないしなぁ・・・」という冷静な判断により、慌ててやってくるなんてことは無いんですよね。笑

 

なのでせっかく築き上げたものの、「お好きにどうぞ~」と放置されていくという仕組みです。時間がある方にとってはいつでも「夜のご馳走が、朝一に残されている」。なんて美味しいお話なんでしょうか。

 

お金なんて使わずとも今回のように朝早くに来てそのチャンスを頂くだけで、300枚近くのメダルは簡単に手に入るという訳です。

 

メダルを買うなんて、なんて馬鹿らしいんでしょう?

(軽く累計5万円くらいはこのお店に費やしていますがね。ははっ!)

 

まとめ
  • メダルゲームのハイエナは朝一が基本。
  • プッシャーマシンにまずは1枚入れてみると、貯まったメダルが溢れ出る!
  • お金を使わずとも、ゲーセンは楽しめる!

 

 

現場からは以上です!

メダルゲームはお金を増やす感覚に似ているのでとても面白いですよ。

泥臭く稼ぐことから是非楽しんでみて下さい。それでは!

 

SPONSORED LINK