わっしょい!!就活、何もしてない2018(´・ω・`)♪

SPONSORED LINK
   

今年もやってきました!

 

『就活何もしてない2018』!!わっしょい!

 

f:id:kyadu777:20170307164556j:plain

 

スポンサーリンク

 

  

 説明しよう!「就活何もやってない2018」とは!

 

就活が本格的に開始しても就職するために何の努力もしてない人たちが「就活 何もしてない」と検索してネットをさまよう毎年の恒例行事!

 

それの2018年卒バージョンだ!!

 

 

うん…なんだそれ!?

 

 

と思うのも無理はありません。

 

 

僕だってそう思います。ホントにそんなもんあるのかと。

でもそれを見つけた時はつい笑ってしまいました。

 

 

それは、今朝のこと。検索エンジンから見に来てくれている人がどんなワードでウチのブログに辿り着いたのかをグーグルサーチコンソールで調べていた時だった。

 

 

以前、僕は就活に関連してこんな記事を書きました。

 

 

大学3年生の時に某企業の方とご縁があって内定を頂いた経験から、「中小企業や大企業という色眼鏡に囚われずに、実際に企業の人にじっくり話を聞くこと」が何よりも大切だと感じたので、「人事の方と焼肉に行って、ぶっちゃけていろいろ聞ける就活サイト」を紹介したものです。

 

www.ranranbunseki.com

 

 

この記事を通して実際にそのサイトに登録して下さる方々が定期的にいらっしゃるので、どんなワードを検索してこの記事に辿り着いたのかをチェックしてみました。すると・・・

 

 

 

f:id:kyadu777:20170307164556j:plain

 

 

「就活 何もしてない 2018」で検索して入って来ている人が2番目に多かったのです。

 

 

「就活 何もしてない」ならまだわかる。僕もこの前ついつい検索してしまった。

でも「2018」て。お前らは2017も2016も経験してきたというのか?ベテランの就活生なのか?

 

f:id:kyadu777:20170307142602p:plain

 

…毎年恒例なのか!?

 

 

グーグルの検索候補でも思いっきり列をなしてくるこのワード。

恐らく就活を何もしていないという事の根底には、「就職したくない」という思いも秘められているのでは無いでしょうか。

 

 

もしそうであれば今回は「まだ就活何もしていない2018卒の人」向けに、大学生をしながら営業職を2年続けてきた僕から「会社に縛られない、就職以外の仕事」についてお話をしてみたいと思います。

 

僕は今の所、有難いことにいくつかの会社から個人的に声をかけて頂いているので気に入っている企業はあるのですが、就職というものに一切興味がありません。

 

 

「就職をしないで、自分のやりたい事を仕事にしてのんびり生きていく」

 

 

そんな生き方も、僕は良いと思いますよ。

 

 

 

就職だけが全てじゃない。営業職を2年やってきた僕が感じる「個人事業主の魅力」

まず改めて簡単に僕の話をしておくと、大学生する傍らで個人事業主として完全歩合制の営業職をやってきました。売り上げに応じてお給料が頂けるタイプの仕事をしてきました。

 

 

通常、バイトをしている人は「時給」として毎時間必ずお給料が発生するシステムが採用されていますよね。これで収入の目途は毎月つきますし、さらには企業が必ずアルバイトにも保険をかけてくれています。

 

仕事中にケガをしたら労働災害保険を使って無料で病院に行けるし、最低賃金など「雇用条件」も定められているので「時給50円で働かされる」なんて無茶苦茶な事は起こり得ないのです。安心して働けますね!正社員だってそう。

 

 

ところが個人事業主の営業マンには、「労働災害保険」「最低賃金」等、労働者を守るものは一切ありません。

 

 

全て自己責任です!

 

 

怪我をしても自腹で病院へ行き、売り上げで貢献出来ない奴は給料なんて貰えない!お金をたくさん稼ぎたければ商品をたくさん売れ!

 

 

・・・なんとも分かりやすい世界ですね。結果だけで給料が決まるのです。

 

 

それでもそんな世界で個人事業主の営業マンになる魅力は、何よりも「会社に縛られない」という事だと言えます。

 

 

 

普通に一般企業へ就職したら朝早くから会社に出社しなくてはいけない。上司を残して定時に終われる訳も無く、サービス残業は当たり前。夜9時までずっと会社で缶詰。

 

それを週5日間も行う。正社員はそれの繰り返し…。

 

 

なんてことは、個人事業主の営業にとっては逆に無縁な訳です。

仕事がある日に僕がしていた実際の会話がこんな感じです。

 

 

会社「明日の5時に、商談言って来て!!」

僕「はい!!わかりました!!」

 

~2~3時間の商談ののち、仕事終わり~

 

僕「お疲れ様です!ご契約を頂きました!」

社長「お疲れ様。じゃぁ会社に戻って書類だけ処理してね。」

僕「わかりました!すぐ向かいます!」

 

~書類の整理・事務への連絡事項などをまとめる~

 

僕「全て終わりましたので、お先に失礼します。お疲れ様です!」

社長「お疲れさま!」

 

 

僕の場合は実労働時間4時間ほどで、1日の業務が全て片付いていました。

 

 

商談をするお客さんとの約束が夕方からなら、その時間から仕事。

終わったら、契約書の処理など必要な仕事だけをして終了。

 

応用パターンとして、契約を頂けた日は社長に「ご飯に連れて行ってもらう」事もよくありました(*´▽`*)

 

 

これだけの融通が利く所が「個人事業主」として働く最大の魅力であり、良い意味での「ゆるさ」ですね。

 

 

自己の「責任」分だけ「自由」があるので、就職したくない人には個人事業主としての営業も選択肢の1つに成り得るでしょう。当然ながら、結果を出すための努力は必要ですけどね。

 

自分で泳ぐ力をつけるか、企業という船に乗る為の「内定席」を奪い合うか?

僕はいつも、就職するという事は「船に乗ること」であり、就職しないという事は「自力で海を泳ぐこと」に似ているなと思います。

 

会社に依存せずに「自分で稼ぐ力」をつけておくと、どこででも自由に泳いで行く事が出来ます。でも遥か遠くの場所までは泳いで行くことは出来ません。自分が行ける範囲の中で、誰に頼るでもなく、自分の好きな場所にふらふらーと遊びに行けます。 

 

逆に就職する事が出来れば海を渡る船に乗る事が出来ます。行き先が決まっている船の中で淡々と業務をこなしてみんなで船を動かしていきますが、船のエンジンが故障しても船長は素直に教えてくれません。

 

 

東芝の粉飾決済、マクドナルドの食品偽装、旭化成の建材データ改ざん事件。

有名な大企業が数々、不正をもみ消そうと努力の跡を見せていますよね。

 

 

それらの企業に就職した人はとても大変な思いをされたでしょう。

この船はやばい!と遅れて気付いたころには、既に海の真ん中。

 

 

 

泳ぐ力が無い人は、どうするのでしょうか?

 

 

 

個人事業主として働く上で困ったことは「会社が守ってくれない」こと。

 

 

正社員の最大の良さは「会社に守られる」こと。

 

 

 

とは言え、「会社に守られてばかりいた人」が海の中に放り出されたらどうなるかについても考えなければいけないと僕は思います。

 

だからこそ僕は、就職に興味がありません。まずは「自分で泳ぐ力」を付けておきたいからです。

 

 

自分が仕事として続けられる事を選ぶために。

これからたくさん変化していくであろう時代を生き抜くために。

 

 

今やれることをやっておくだけで、社会に出てから絶大な差が生まれるはず。

 

だから「就活 何もしてない 2018」とか言ってる場合じゃないと思うんです。

 

 

就活をしないなら、しない。腹を括りましょう。

「就職しないで生きていく」為に必要な事を考えて、実行してみましょう。

 

 

就職をするつもりなら、就活を始める。もう後伸ばしには出来ませんからね。

 

営業をやって自力でどれだけ稼げるのかを試してみるも良し。

企業の人事に片っ端から会いに行って、「就職に対しての疑問」をぶつけて見ても良いでしょう。人事の方を試すのです。

 

就活のとっかかりとしては、うだうだ考え込むよりも実際に話を聞いてみれば一発で様々な事が知れます。就活サイトは数多くありますが、

 

「焼肉を食べながら、フランクに、人事の方からぶっちゃけ話が聞ける就活」

 

は僕の知る限りビズリーチが提供している「ニクリーチ」しかありません。

これは簡単な自己PR等を登録さえしておけば企業からスカウトが届くシステムなので、「自分がどれだけ声がかかるか?」を是非試してみて下さい。

 

 

▼ニクリーチについては、こちらの記事で解説をしています。

www.ranranbunseki.com

 

 

2018卒の就活生の皆様。

悔いのない進路に進めるように、お互い頑張りましょう。

 

 

行動するなら、今です。

 

 

肉食就活ニクリーチ