就活したくない人は、ブログでもやって自分の無能さに絶望してみて!

スポンサーリンク

 

 

 

どうもこんばんは、荒川真行 (@Kyadu777) | Twitterです!

 

さぁ、まもなく就活が正式に始まりますね。

「就職したくない」とか未だに言ってる恥ずかしいやつ!手ーあーげて!

 

 

はーーーーい!(ノ ゚Д゚)ノ

 

f:id:kyadu777:20170212193601p:plain

 

はい、僕のことです。

 

絶賛、就活を拒否しまくっている自分。なにもしてません。なにもしません。

会社に勤めてフルタイム、なんて縛られた生活は御免被る…と言いたい所ですが。

 

 

就職以外の選択肢がいかにハードルの高いものかと、この頃思い知らされています。

 

 

「新卒一括採用の日本はおかしい!」とか

「実力主義の欧米に行きてぇ」とか言う意識高い大学生はそれなりに居ますけど、

 

 

対した能力も無い、ただ若いだけの人材を雇ってくれる会社には、本当に感謝したほうがいいと思う。

 

 

自分でお金を稼いで生きていくって、楽しいけどしんどい。ほんとに。

 

 

今やっている営業の仕事も「集客」という一番お金かかる部分は会社がやってくれている訳です。広告費だって何千万、または億単位で使ってくれてますからね。

 

 

面倒な手続きにしても何にしても、会社に勤めさえすれば生活のレールは保障されるので、余計な事に神経すり減らさずに済む。目先の安定は、それなりに保障されます。

 

 

それでも「就職したくない!!」と言い張る人が居るとしたら、僕は「ブログでもやってみたら?」と言いたい。

 

 

ブログは起業を最も簡素にしたお試しビジネス

ブログ運営からは、自分が起業して成功するまでの過程を幅広く学べます。

 

 

ブログ(会社)の価値を高める為にコンテンツを充実(商品開発)させ、アクセス数を増やす(集客)プロセスは、まさに自分で事業運営をしていくのに似ているのではないのかなと。

 

他のブロガーさんへの挨拶(営業)周り等も、一切お金をかけずに「あーでもないこーでもない」と試行錯誤出来るのがブログです。

 

現実世界で起業したり、お店を持とうとしたら初期投資で何百万かは必要ですからね。

失敗したらもうお終いですよ?

 

 

起業して失敗した結果、抱えるのは多額の借金と無職、就職経験なしというステータス。

 

 

そりゃ人生詰むよ。

 

 

だからこそ「就職したくない」人は、就職という選択肢が消えないうちにブログで練習しておきましょう。ブログを3か月すら続けられない人は、薄っぺらいので起業してもすぐ消えていくでしょうね。

 

 

自分の無能さにそこで気付くと思います。

僕は今月の頭にもう気付きました。

 

 

それに気付いた上で、「じゃぁどうするの?」と自分に問いかけた時に初めて冷静な判断が出来るはず。

 

 

それでも就職しないなら、今出来る事から「小さな成果」を積み重ねていかないといけませんよね。

 

 

その延長線上において、「起業」という選択が最後まで残るのか、「就職」に逃げるのか。どちらが正しいという事はありません。

 

 

ただ、僕と同じような人間が無謀に「起業」をゴールにして死ぬことだけは避けて欲しいなと思います。

 

 

インターンや就活の前に、冷静な自己分析をして下さい。

 

 

そして自分の無能さを知ったうえで、起業するならその熱い思いで突き進んでください。やっぱり就職するなら企業への「感謝」と共に、就活に臨んで欲しいなと思います。

 

 

逆に、憶測だけで語らずに何かを自分でやってみた上で、就職するかしないか。自分の力で稼いで行くのかを判断しても遅くはないという事です。

 

社会経験がないなら、まずは営業なりバイトなりやってみてください。

自分の成果次第で稼ぎが変わる経験というのは、とても苦しいながらいい経験になるはずです。 

 

以上、【就活したくない人は、今の自分がやれる事をブログにぶつけて絶望してみて!】というお話でした。