カルビーで在宅勤務が本格採用。「会社に行かなくていい」会社は不登校の生徒の希望と成り得るか?

f:id:kyadu777:20170207092610p:plain

 

誰もが知るポテトチップスの最大手メーかー、カルビーが今年の春から、社員の在宅勤務を認める方向を明らかにしました。

 

これによって働き方はどのように変わってくるのでしょう。

「会社にいかなくていい会社」は、不登校生徒の希望に成り得るのでしょうか。

 

「会社に行かなくていい」という事のメリット・デメリットを考察してみました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

カルビーの在宅勤務(テレワーク)システムの変更

カルビーではもともと在宅勤務OKというシステムはあったのですが、様々な制約がありました。それが今年の4月から、制約が緩和し、より自由な働き方が出来るようになりました。

 

■在宅勤務制度の変更点■

・前日までに上司の許可を得る必要がある→これはそのまま。

・週に2日まで申請可能→毎日でもOK!

・勤務場所は自宅→カフェでもどこでもOK!

 

これが、赤字の通りに変わります。

 

 

毎日会社に行く必要もないし、ノートパソコン持ってカフェでゆったり仕事しても良い。この働き方改革によって「ただ会社に居ればお給料が貰える」という今までの常識は覆りますね。

在宅勤務を採用する事による会社側のメリット

従業員に家で仕事をして貰えるようになれば、通勤に伴う交通費や会社での光熱費といった経費がかなり削れます。経費削減という側面は大きくプラスに働くでしょう。

 

 

また、フレキシブルな働き方が出来る会社としての人気に火が付きました。

2014年に在宅勤務を導入した頃も、30%も入社希望者が増加したそうです。

 

今回の変更により、改めて2018卒就活生の間でも人気企業となるでしょうね。

在宅勤務を採用する事による従業員側のメリット

従業員にとって一番のメリットは何より「通勤しなくて済む」という事。

 

朝から満員電車で消耗することもなく、自分が働きたい空間で、自分がやりたいように仕事が出来るので、まさにワークライフバランスが保たれるように思われます。

 

 

 

ただ、楽観的に喜ぶだけで終わってしまうのは非常に危険です。

そこには、在宅ワークならではの危険性も含まれています。

 

在宅勤務の危険性

従業員に優しい制度と思われがちですが、むしろ「従業員に厳しい」要素もあります。

 

それは今まで会社に居る事で「あいつは頑張っているか」という過程の部分が、在宅勤務を導入する事によって見えなくなります。

 

結果として、「あいつは成果を上げているか」という結果の部分がフォーカスされて、価値を評価されるようになることは必然的。

 

 

 

言うなれば「在宅勤務」は、ただの「成果主義」に過ぎないというです。

 

 

 

結果を出す為には当然、高いレベルでのタイムマネジメントと、結果を必ず出せるような努力量が必要になる。

 

 

そしてこれまで出社さえしていれば「仕事をしている」と見なされた会社員の常識は崩れ、「結果を必ず出さなければ行けない」という覚悟が問われるようになれば、今以上の負担になる事も考えられます。

 

 

 

在宅勤務で柔軟な働き方は出来るようになりましたが、良い面も悪い面も含めて、自分のやるべき仕事にしっかり向き合わなければいけないのは確かです。

 

 

成果主義が推し進められれば、「仕事が出来る人」と「能力は無いけど長く務めてきた人」の所得格差は二極化します。「誰もが今より働きやすくなる」という訳では無さそうですね。

在宅勤務は「不登校」生徒の希望になるか?

さて、ここで考えてみたい事が1つあります。

それは、

 

 

集団環境に馴染めず、学校という環境に行かなくなった「不登校生徒」は、在宅勤務OKの職場なら活躍できるのか?

 

 

 

という事。

 

 

 

個人的には在宅勤務が許容される風潮が出来れば、

 

 

「就職を拒絶している層の人間にも、仕事の可能性が広がるのではないか?」

 

 

と思うのです。

 

 

ただこれには大前提があって、「タイムマネジメントも含め自分をコントロール出来る人間」じゃないと在宅勤務は絶対無理。お布団からの誘惑に人間は弱いですから...

 

 

まして、家で学校で出された宿題すらまともに出来ない奴に、仕事なんて任せられませんしね。

 

 

でも逆に、裏を返せば「仕事さえ出来れば、会社に行かなくてもいい」という権利が得られるという事

 

 

どんだけ人生でつまづいたって、「やるべき事をちゃんとやれる」のだったら働いて生きていける。人生が詰まなくなる。

 

 

これって素晴らしい事だよね。

どんだけでも人生やり直せるんだから。

 

 

 

不登校でお悩みの方、人生に行き詰った方がいたら、成果主義で挽回すれば良い。

 

 

 

 

会社にしがみつくのではなく、「会社に行かなくても良い会社」で自分が働きたいように働くのも、悪く無いのかも知れませんね。

 

 

スポンサーリンク