【保育士を辞めたい】人の新しい保育の働き方がチャイルドマインダー

 

f:id:kyadu777:20170113033457j:plain

 

どうも、将来は子供たちの背中を支える仕事をしたい荒川真行です。

 

 

近年の社会問題として、「待機児童」問題が取り上げられているのをよく目にするようになりました。「保育園落ちた日本死ね」が2016年の流行語大賞トップ10に選ばれた事でも話題を集めましたね。

 

 

今日はそんな保育事情と、保育士のような重すぎる責任と悪すぎる待遇に我慢し続けて消耗する方が少しでも減るように、「子供が好き」な方向けの新しい働き方をお伝えします。

 

 

保育士の労働環境を取り巻く酷すぎる現状と比較してまとめてありますので、子供と関わる仕事をしたい方は保育士になる前にチャイルドマインダーという働き方に触れてみてください。

 

 

 

待機児童の現状

厚生労働省の統計によると、現在は日本中で約23000人もの子供たちが保育所に預けたいのに預けられないまま、待機児童になっています。

 

僕が子供の頃は何も考えずとも普通に毎日保育園に通って友達とゲラゲラ笑っていましたが、「小学校に行く前には保育園や幼稚園に行く」という当たり前のように感じる事も現代では当たり前ではなくなっています。

 

待機児童が増加し続ける原因には様々なものがありますが、その中の2大要因としては、

 

①保育園の受け入れ枠の圧倒的不足

②保育士の資格をもちながら保育士にならない「潜在保育士」が約50%

 

が挙げられますね。

 

 

保育士の人数に応じて保育園の受け入れ可能人数は決まってくるのですが、子供を預かれるだけの充分な人数が確保出来なくなっています。

 

 

その原因として、保育士の資格をもちながら保育士として働かない「潜在保育士」が槍玉に挙が

 

 

る事がありますが、そもそも保育士って待遇むちゃくちゃ悪いんですよね。

 

 

 

何十人もの子供たちを1人で抱え込む責任を負わされながら、全産業の平均月収と比較しても月に10万円も低いんですよ。

 

f:id:kyadu777:20170113001331p:plain

引用先:「保育士の給料」はいったいどれだけ安いのか | ワークスタイル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

 

 

民営保育園で働く大半の保育士さんの月収はたった約22万円です。

初任給じゃなくて、全体の月収。

 

 

 

 こんなに大変で尊い仕事なのに「なんで?」って感じませんか?

 

  

保育の仕事は完全な売り手市場

保育の仕事は今が一番需要が集中しており、有効求人倍率は東京都で66倍に達しました。これはどういう事かと言うと、66個もの保育園がたった1人の保育士を欲しくて奪い合っているという事です。

 

引用先: 保育士獲得競争、アクセル全開 都心の求人倍率は66倍:朝日新聞デジタル

 

必要とされる人数に対して、保育の仕事に就く人が圧倒的に不足している事が分かります。ITエンジニアが稼げる時代なんて言いますが、保育の仕事もそれくらい需要が高いのでむっちゃ狙い目なんですよね。

 

 

待遇面でも2017年度に向けた見直しがここ1年で急速に進んでいます。

まず昨年の4月に政府から保育士の月給を6000円引き上げる支援を発表。

 

政府は、不足する保育人材の確保を目指し、2017年度から保育士の給与を月額2%(約6000円)引き上げるのに加え、保育技術の高いベテラン保育士に給与を手厚く配分する方針を固めた。最高で月給4万円程度上がる方向で調整する。安倍晋三首相は26日に開かれた政府の1億総活躍国民会議で「保育士と介護士については、競合他産業との賃金差がなくなるよう処遇改善を行う」と指示した。

保育士:ベテランを厚遇 給与月6000円引き上げ - 毎日新聞

 

 

加えて東京の小池都知事も、予算案で保育事業費として過去最高となる1000億円を超える予算案を盛り込む方針を固めています。

 

具体的には保育士の月給2万円を上乗せると共に、産休明けの保育士にはベビーシッター代として最大で月額28万円を援助してくれるというものなんですね。

 

保育士不足に対応するため、都内の保育所に対し、保育士1人あたり月額約2万円を新たに補助し、産休明けの保育士には、ベビーシッター代として最大で月額28万円を助成することで、待遇改善につなげる。

都内の待機児童数は16年4月1日現在、都道府県別で最多の8466人。このため新年度は保育事業関連に初めて1000億円(16年度当初は約980億円)超の予算を組む。

待機児童解消へ、都が保育士1人に2万円上乗せ : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

保育の仕事をする人の収入が急改善されています。

 

 

とは言え、離職率の高さからも伺えるように「保育士」という仕事はその性質上「一人の保育士がたくさんの子供を抱え込む」為に責任の重さが半端ではありません。よって辞める人が多い。

 

 

だって1人で何十人の子供の面倒を見るって、冷静に考えたら無理でしょ。

 

 

例えばあなたが保育士さんだとして、ちょっと目を離した隙に子供が怪我をしたり、事故に遭ってもそれはあなたの責任です。無茶苦茶じゃない?

 

 

どんだけ頑張っても3人くらいと遊んでたら両手塞がるのに、どうやって何十人も見るのかと。

 

 

保育士さんが不足している現代では、どれだけ収入を引き上げされたとしても1人で何十人を背負わされる「無理な監督体制」があっては保育士の仕事も続けられないでしょう。

 

モンスターペアレントも今時うるさいしね。

 

そうした時代背景の中で、現在では少人数保育のプロフェッショナルとして働く『チャイルドマインダー』という仕事が注目を集めています。

 

チャイルドマインダーは少数保育のプロ

チャイルドマインダーという仕事を今まで知らなかったという方も居ると思いますが、保育士を集団的保育のプロフェッショナルとすれば、チャイルドマインダーは「家庭的保育」のプロフェッショナルです。

 

無理のない少人数保育の中で、子供たちが「大切にされている」実感を大切にしていく仕事なので、慌ただしく色んな子供を面倒見る効率重視の保育園と「忙しさ」の面でも圧倒的に違ってきます。

 

「家庭的保育」という性質から、資格を取って個人事業主として自宅保育を始める方も居るので「自分にあった働き方が出来る」というのが強みにもなるんですね。

 

東京都では既に「チャイルドマインダー」の有資格者は個人で保育事業で開業する許可が出されています。この動きをきっかけに他の自治体でもチャイルドマインダーの個人開業が認可される動きも出てくる事でしょう。

 

もちろん保育のスペシャリストという資格を武器にして、就職することも容易に出来ます。今の時代、保育の仕事は需要が尽きませんからね。

 

平成27年4月より、東京都では保育者1人で乳幼児を預かる認可外保育所を開設できるのは保育士等の有資格者、または自治体が行う家庭的事業者等研修修了者に限られていました。
これを受け、NCMA,japanでは東京都と協議を進めてまいりましたが、この度東京都は「NCMA,japanの養成セミナーを修了」し「NPO法人日本チャイルドマインダー協会の検定試験を合格」した者は、上記家庭的事業者等研修修了者とみなすと結論付けました。
養成セミナーの質の高さが認められたことは勿論、昨今注目されている「保育」現場にチャイルドマインダーの活躍が期待されています

(NCMA Japanより引用)

労働環境の違い。保育士の職場は超ブラック

保育士って、1人でたくさんの子供を見なければいけないじゃないですか。

その負担って想像以上に重くて、過酷なんですよね。

 

 

毎月1万回は『保育士 辞めたい』で検索されているくらいです。

 

 

チャイルドマインダーの場合はそういう無茶な働き方も見直されており、保育士が1人でたくさんの子供たちを見させられるのに対して、チャイルドマインダーが受け持てる人数は1~3名までと厳格に定められています。

 

 

 

保育をする側の精神的負担も、この時点でかなり少ないんですよね。

 

 

 

無理なワンオペ体制もあり得ないので、事故が起こることも防ぎやすい。

そして何より子供たちとちゃんと向き合える。これが一番のメリットです。

 

 チャイルドマインダーの年収は自分の自宅で子供を見る「在宅ワーク」タイプの働き方と、逆に保育をお願いされた家を訪問したり施設で働くケースなどもありますが、平均的に1人の子供を保育するにあたって時給1200円~1500円が相場です。

 

 

「資格を頑張ってとっても時給1500円かぁ(´・ω・`)」

 

 

って僕も最初は思いました。でもよく考えたら違った。

 

子供1人あたり時給1500円なので、2人の子供を面倒見たら時給3000円になりますね。

 

週4日(16日)、8時間2人の子供を見たとしたら月給はいくらなのか計算してみました。

 

 

時給1500円×2人×8時間×16日

384,000円

 

 

週4勤務のちょっとゆとりがある働き方でも、月給38万4000円稼げると。

もし相場としては低めの時給1200円で受け持ったとしても、月給30万7200円

 

特に夜8時まで見てくれる保育園は殆どないので、遅くまで仕事をするお母さんたちにとってのニーズも根強くあります。世間に必要とされている仕事だからこそ、これだけの待遇も見込める訳です。

 

 

いや、今までの保育士の待遇が本当におかしかったというのが正しい。

保育に携わる人の待遇はここまで変わってきました。

 

 

保育士は専門知識を学校で学ばないといけなかったり、保育を仕事にする為の資格って取得するのが大変なイメージがありますが、チャイルドマインダーの資格は3か月から長くても6か月程度の通信講座で取得できるようになっていて環境も整っています。

 

f:id:kyadu777:20170113030722p:plain

 

資格取得までにかかる費用は合計で19万4400円。17900円ずつ分割して払う事も出来るようになっています。学生でも充分頑張れる範囲ですね。

 

  

 

実際、冷静に考えて欲しいんですが、これで定年関係なく独立する事も可能で、保育士以上に稼げるスキルが身につくなんて安すぎ。月給30万の仕事なので1か月目から十分ペイできてしまいます。

 

 

これは資格を取得した後からでも入れるオプションのネットワーク加入では、資格取得後の独立や働き方のサポート、仕事で問題が起きた時の為の保険も用意されているので、保育士の方もそうでない方でもスタートまでとことん頼れる存在になってくれますしね。

 

 

自分でやるのは不安という方は、保育士の資格がなくても働ける案件は保育専門求人サイトほいく畑 で希望条件「無資格・未経験OK」で探すとたくさん出ていますので、現場の経験を積んでみたい場合は働きながら学ぶ事も出来ます。

 

 

 

 

保育専門求人サイトほいく畑

 

 

 

さいごに:「子供が好き」を仕事にするなら今の時代は保育士になるべきではない

子供が好きっていう優しい人は、保育士という経営者にとって効率の良い働き方ではなく、チャイルドマインダーのように自分のペースで働く方法で、子供たちとゆったり、大切な時間を過ごして欲しいと感じます。

 

得体も知れない協会が発行する資格とは違い、エヌシーエムエージャパンは家庭的保育の発祥地であるイギリスの政府からの正式に公認されているので、その信頼度も高い。資格を取得して終わらないからこそ、収入に繋げられる。

 

 

 

一方で保育士は、その仕事に就くために2年制の保育専門学校も200万もかけて通い、保育園に就職すれば毎年10%が辞めていく程の超低所得。

 

 

 

ここまで待遇が違うのに、まだ保育士で消耗するの?

 

 

 

チャイルドマインダーという新たな働き方は、本当に面白いなと感じます。

保育士を辞めたいと考えてる人も、自分らしく働きだす再スタートには最適でしょう。

 

 

 

 保育のスキルを武器に、女性がフリーランスとして活躍できる時代が迫っています。

 

 

 

「保育の仕事をしたい」、「子供が好き」という人にとって最高なこの時代にこそ、家庭保育のプロとしての資格を取って一生使えるスキルを身に着けておきましょうよ。

 

新しい事に挑戦するのはついつい後回しにしてしまいがちですが、スタートは早いに越したことはありません。待遇の見直しが始まった今が一番美味しいですからね。

 

 

NCMA,Japan家庭的保育