手作りのシナモンアップルが女の子に割と喜ばれるのでレシピ教えるよ

f:id:kyadu777:20170108233913j:plain本日の2記事目は料理のコーナー!

手作りのシナモンアップルが女の子に割と喜ばれるので、写真と共に作り方をご紹介!

 

シナモンアップルってのは、焼きリンゴの事だよ!

 

男子がこういうお菓子っぽいの作るのはレアなので、女子ウケが割と良いです。

「可愛い~♡」とか「え、すごい!」とか言われるのすごい嬉しいです。はい。

 

 

それでは、レッツクッキング(´・ω・`)♪

 

スポンサーリンク

 

 

 

【2~3人前の材料】

りんご:3個

砂糖:大さじ4杯

お水:大さじ1杯

シナモンシュガー:けっこう多め

カシスリキュール:お好みで適量

 

①リンゴの皮をむいて、1口サイズに切っていきます。

※縦に6~8等分してから、1ピースを3つに分けると上の写真みたいに四角く食べやすくなります。

 

 

②まずは上記の分量で砂糖水を作る。

※直接フライパンに砂糖と水を入れちゃうと、砂糖が焦げやすいので混ぜてから入れるのがポイント(´・ω・`)♪

 

③フライパンを火にかけます。火加減は中火。

砂糖水だけをフライパンに入れて、水分を飛ばしていきます。

リンゴを入れると結構水分が出てくるので、砂糖水を少しだけ煮詰めるんですね。

 

これはアバウトでいいです。

 

「今だッ!!」って思ったタイミングで、リンゴを投入します。

 

④蒸発して少なくなってきたなーと思った所でリンゴを全部投入。

f:id:kyadu777:20170108235106j:plain

 

鍋でやるよりもフライパンの方が表面積が広く、水分が飛びやすいので食感が良くなります。このままコロコロと転がしながら(リンゴが崩れないように優しく)、まんべんなく火を通していきます。

 

どんどん水分が出てくるので、強火にさえしなければ全然焼き目はつきません。

気長にとろけさせていきましょう。

 

表面がだんだん透明になってくるので、中の白っぽい感じが少なくなるまで加熱していきます。だいたい15分程度のんびりとね。

 

 

⑤美味しそうな色っぽくなってきたら、お好みでカシスリキュールをたらします。

f:id:kyadu777:20170108235610j:plain

 

これは香りづけと色合いを付けるためですね。

 

あとアレです。

「これカシス使ってるんだぜ」って言った時の反応を楽しむ為です。ふふ。

 

⑥お皿に引き上げてシナモンを振りかける!

f:id:kyadu777:20170108235641j:plain

 

 カシスとシナモンが合わさった芳醇な良い香りと、見た目からして「何かひと手間加えた感」が溢れ出た一品に仕上がりました。

 

カシス様の光沢とその色合いは、アングルによっては神々しくも映るのです。

 

 

f:id:kyadu777:20170109000238j:plain

 

どや(`・ω・´)!

ただリンゴをフライパンで焼いただけにしては、美味しそうだろう……!!

 

 

ちっちゃなビンに詰めたりしてプレゼントすると、なかなかウケます。

 

f:id:kyadu777:20170109000843j:plain

 

これは100均のSeriaで買いました。

かわいいので、どんなシーンにも使えます。

 

まとめ

コミュ障でモテない男子はとりあえずリンゴ焼いてみよう。

きっと活路が見出せるはず。

 

 

以上、リンゴを使った料理でした!おわり!

 

スポンサーリンク