ノロウイルスはアルコールが効かない!箱根町で集団感染が開始

f:id:kyadu777:20161227102257p:plain

 

神奈川県の箱根町にある宿泊施設にて、ノロウイルスが集団感染が起こっています。

 

12月から1月に感染患者数がピークを迎えるノロウイルスについての正しい予防法・対処法をまとめてみました。ノロウイルスにアルコール消毒(エタノール)はまったくの無意味なので、正しい予防法を知らないと簡単に感染してしまいますよ。

 

スポンサーリンク

 

www.news24.jp

 

 

ノロウイルスにかかるとどうなる?

【症状】

吐き気、おう吐、下痢、腹痛を引き起こします。

発熱を伴う事がありますが、そこまで高熱にならない場合が多いようです。

 

続いて、ノロウイルスの重大な予防ポイントを2つ解説。

 

1.トイレでの飛沫感染は要注意!ウイルスは空気中に浮遊します

 

便座のフタを開けたまま水を流す人は特に注意してください。

勢いよく流れる水は結構周りに飛び散っています。

 

特に乾燥した冬場の空気ではウイルスは空気中に浮遊しやすく、呼吸と共にノロウイルスを吸い込んでしまう事もあるのです。

 

飲食店やコンビニ、駅前のトイレなどは不特定多数の人が利用している事を考えると、ノロウイルスの感染者が利用しているかどうか非常に怪しい。冬場の時期は利用の際に特に注意して下さい。

 

マスクではとても防げない細かなウイルスなので、対処は難しくなります。

 

トイレを利用する場合は飛沫感染を防ぐ為に、フタをしてから流すと良いでしょう。家庭内感染のケースもとても多いですよ。

 

 

(家でトイレを使う際も、そのクセをつけておくと汚れにくく掃除が楽です(´・ω・`)♪)

 

2.手洗いは全力でやらないと死ぬ

 

ノロウイルスにはアルコール消毒は効きません。ノロウイルスはインフルエンザとは異なりエンベロープという膜が無い為に、そもそも効果を発揮しないという厄介な性質があります。

 

www.iph.pref.osaka.jp

 

そのため、手洗いで物理的に洗い流す以外に方法はありません。それもちょっとやそっとでは流れ落ちてくれない細かいウイルスなので、より丁寧に洗わなければ簡単に感染してしまいます。

 

手洗いを丁寧にやっているつもりでも、指の間、指先、つめ、親指や小指、手のひらなど、意外と洗い残しが出やすいポイントが多くあります。手首もちゃんと洗えているかは必ずチェックしていきましょう。

 

私はいつも、爪は手のひらで爪を研ぐようなイメージで洗い、手首は片方の手でつかんでグルグルとこすって洗います。

 

とは言え、長い時間ゴシゴシと洗うのも面倒ですよね。

 

実は、10秒などの短い時間でも良いので1度に2回手を洗うと更に効果的に雑菌を落とすことが可能になります。

 

 

f:id:kyadu777:20161227100049p:plain

ノロウイルスは手洗いの徹底で感染予防 食事の前やトイレ使用後は念入りに|ノロウイルスの予防と手洗い

 

手洗い前には手のひらに100万個潜伏している菌も、入念に洗うと数個まで減り、ノロウイルスの感染確率は大きく減少します。

 

 

ノロウイルスにかかってしまった時の対処法

 

ノロウイルスによる感染性胃腸炎はだいたい2週間以内に収まり、嘔吐や下痢はだいたい1~3日程続きます(長くて1週間)。

 

発熱も起こりしんどいですが、何よりも脱水にならないように小まめに水分補給をし、自然治癒に専念しましょう。

 

感染期間は12月から1月にかけて本格化!

 

年末年始で、様々な場所へお出かけする方も多いと思いますが、この12月から1月にかけてが最もノロウイルスの感染者数が拡大していきます。

 

f:id:kyadu777:20161227102716p:plain

ノロウイルスに関するQ&A |厚生労働省

 

 

最悪の場合、死につながるノロウイルス。

しっかりと予防して、良い年初めをお迎えください。

 

スポンサーリンク