働きたくないとか言うクズが、ブラック企業に飛び込まない為にするべき2つの事

SPONSORED LINK
   

f:id:kyadu777:20161116042024j:plain

 

働きたくない。でも生活していく為にお金は欲しい。

 

就職を控えた学生なら、誰もが1度は思う事です。

 

僕も就職なんてしたくありません。満員電車で消耗したおじさん達の顔を見るたびに、「自分も社会に出たらいずれこうなるのか…」と焦りますからね。

 

「働きたくない」「就職したくない」って思った事ありますよね?

 

今日は「生きていく為に、お金を稼ぐために仕方なく就職するけど正直働きたくない」と愚痴をこぼすクズな大学生の方々に向けて、警鐘を鳴らします。

 

このままだと必然的にあなたはブラック企業に就職する事になる。

働かずに済む為の努力を、あなたはちゃんとしてますか?

 

スポンサーリンク

 

 

もくじ

「働きたくない」大学生の本音

 

「ゆるくいきていく」というブログを運営しているネックさんの記事を拝見したら、「働きたくない」と考えている大学生の本音が赤裸々に書かれていたんですね。

 

私自身も考えさせられる部分が多かったのでご紹介します。

 

「働きたくないけど、お金は欲しい大学生」というコンテキストが完全に自分と同じなので、彼には非常に共感を覚えるのです。

 

ある種、多くの大学生が陥りがちな部分をまとめてくれているのですが、その中でも顕著な2つの記事を抜粋して紹介した上で、私の考えを述べていきます。

 

※伝えたいメッセージを強調する為に多少過激な言い回しを含みます。著者の方を非難する意図はありませんのでご了承下さい。

 

www.nek654-yurulife.com

 

www.nek654-yurulife.com

 

上記の記事の要約をしました。

まずは労働教と揶揄した日本の労働者に対してネックさんの考えは以下の通りです。

 

・日本って労働教信者多すぎ。日本人はみんなお仕事大好きという洗脳を受けてる。

 

・働いてる=偉い、働いてない=ダメという図式は間違ってる。労働はお金を得るための手段でしかないから、偉いとか優劣など無い。

 

・労働でしかお金を稼げない人間は逆に偉くない。投資など資産運用している「お金を働かせる」人の方がやっぱり偉い。

 

・そう考えると会社員ってそんなに偉くないし、普通の人。働いてるだけで、ニートに対して優越感を感じるのは失笑もの。

日本は労働教信者ばかりで気持ち悪い - ゆるくいきていく

 

そして、就職をしたくない理由と、彼の考える社会への改善案について。

 

【僕があまり働きたくない理由】

 

・好きなときに出かけることができない。自由に思い付きで旅行したい。
・社会でやっていく自信がない。根暗な自分を隠し続ける人生は悲しい
・転勤で済む場所も自由に決められないのはヤバすぎ。人権侵害だろ。

 

【こんな環境なら働いてやっても良いよ、会社さん】


・労働時間が今より短い。週4日6時間労働なら嬉しい。
・嫌な奴がいない仕事環境。一緒に働く人を選びたい。
・転勤するかしないかは自分で選べる。住む場所は自分で決めたい。
・満員電車に乗らなくていい。在宅勤務を取り入れるべき。
・スーツを着なくてもいい。あんなもの着てるから体調を壊す。
・給料がそこそこいい。入社1年目で手取り500万貰えたら嬉しい

マジで働きたくないから、その理由と社会に対する改善案を書いた - ゆるくいきていく

 

ここまで読んだ人の感想としては、

 

「何言ってんだコイツ」と批判されるか

「うんうん、そうだそうだ!」と賛同されるか、二極化するでしょう。

 

 

コメントを拝見した限り、批判派の意見が多数を占めていますね。

 

 

僕は主観的に読んだら後者です。働きたくないけどお金は欲しい大学生なので。

しかしながら、客観的に読むと前者の感想を抱きます。

 

彼の発言に共感できる部分もありますが、圧倒的な違和感もあるんですよ。

 

労働者とニートの間に優劣の関係はないのか

・働いてる=偉い、働いてない=ダメという図式は間違ってる。労働はお金を得るための手段でしかないから、偉いとか優劣など無い。

・そう考えると会社員ってそんなに偉くないし、普通の人。働いてるだけで、ニートに対して優越感を感じるのは失笑もの。

 

無職・ニートの方をなんとか肯定してあげたい気持ちはわかりますが、社会に出て大変な仕事をこなし、納税で国に貢献している会社員の人たちはやっぱり偉いでしょう。尊敬すべきです。まだ社会に出てすらいない学生なら尚更。

 

加えて資産運用してる人の方が偉いとかは関係ないでしょうね。

投資とかそんなもん誰でも出来ます。

 

僕も株取引をやってますが、社会人で仕事を夜遅くまで頑張ってる人よりも偉いですか?

 

そんなことないでしょう。納税額も圧倒的に少ないので国民としてはクズですよ。

 

▼株取引についての話▼

www.ranranbunseki.com

 

 

無職なニートの方々も、収入が無い事に起因して納税しません。それでいて救急車もちゃんと無料で呼べばすぐ来てくれるし、いざとなれば生活保護で国が守ってくれます。国のサービスは立派に享受しますが、それの対価である税金を収める事はしない。

 

働いていない方よりも、労働という形にせよ国家というコミュニティに貢献している人たちは論理的に考えて圧倒的に存在意義があります。つまり、人として偉い。

 

そういう側面に目を背けてニートという存在を肯定したり、苦しい事を回避して生きるニートは人間味があると主張するのは楽観的過ぎて危険。冷静に自分を見れなくなります。

 

働きたくない人ほど身分相応なブラック企業に行く

 

働きたくない理由や、改善案として自分の希望をたくさん羅列していますが、今の時代は自分で働き方を決めてもいいくらいです。時給3000円の在宅ワークをしているエンジニア大学生だって居ますし、資格とって保育のスキルを武器に開業することも簡単に出来る時代です。

 

▼フリーエンジニアとして時給3000円稼ぐ大学生の話▼

www.ranranbunseki.com

 

▼チャイルドマインダーの資格を取って時給3000円で働く新しい保育の形▼

www.ranranbunseki.com

 

労働者に配慮してそれらの希望を全部満たしてくれる企業なんてたくさんあるんですよ。自分の働きたいように働く世界も在るわけです。

 

 

 

 

ただ、あなたの手が届かないだけで。

 

 

 

 

そういう環境に自分が入る為の努力をしていますか?

あなたは、働き方を選べるように準備してきましたか?

 

 

ただ社会を非難し「働きたくない」と言う事は誰だって出来るんですよ。何も自分を磨くことをせずに、理想的な会社に就職できないのは極めて必然的な事です。

 

 

 

たいして頑張ってこなかった人間が、社会の必要とする人材な訳ないんですから。

 

 

 

身分相応に人気の無いブラック企業に飛び込んで、労働教に入って下さい。

あなたは、就職するまでに英語のスキルを本気で磨くなり、プログラミングを全力で学ぶなり、自分の能力を高めるようなアクションを起こしてきましたか?

 

スポンサーリンク

 

 

あなたは何のために働くのか

そもそもあなたにとって、「仕事」とはどういうものでしょうか。

何のために働くのでしょうか。

 

 

 

「生きていく為」とか「ご飯を食べる為」などというのは理由になりません。必要最低限の生活をするだけのお金を稼いだ上で、仕事をし続ける理由です。

 

 

 

もし明確に答えられず、あなたにとって働く事は「なにかを我慢して仕事をし、毎月の終わりに給料を貰う」ものだとしたら、人生は苦しくつまらないものになる。

 

 

 

というのも、僕らは人生の中で最も多大な時間を「仕事」に投じるんですよ。

仕事として「我慢してお金をもらう」ような事しかしないのであれば、灰色の人生まっしぐらでしょう。

 

 

なんなら、そんな人生は真っ黒ですよ。

毎週月曜日に鬱になりながら、出社してください。

 

 

 

もし、そうなりたくないのなら。

社会に出る前にするべき事が2つあります。

 

 

1.「働きたくない」理由とちゃんと向き合う

「なんで働きたくないんだろう?」と冷静に考えてみましょう。

もしかしたら、それが簡単に解決できる悩みかも知れません。

 

 

■働きたくない理由■

・朝早くに起きれるか不安。

・人に溢れた通勤電車が嫌だ。

・上司に怒られたくない。

・サービス残業で搾取されたくない。

・1日に8時間も働きたくない。

・自分の自由な時間が欲しい

・会社のいいなりになりたくない。

・自分がやりたい事を仕事をしたい。

 

 

上で挙げたようなものは僕なりの理由なんですが、ブラック企業にお勤めの方々にとっては「普通」になります。洗脳って恐ろしいですね。

 

 

「でも社会人ってそういうもんだし…」と思ってしまったらそこでアウト。

今は雇用環境もしっかり整備されているので、「自分らしく働く方法」はちゃんとありますから。

 

 

これがもし、

 

「朝起きるのが無理、遅刻して怒られるの嫌。だから就職したくない」

 

というだけだったら、昼からゆったり出社できる求人が見つかれば「働くこと自体」はOKになりますよね?

 

 

「就職したくない」理由が明確になれば、就職先を正しく選ぶことで解決する事ができます。

 

 

ちなみに上で例として挙げた理由は、僕には全て当てはまるので根本的に就職は向いていないと思っています。

 

 

そういう人は、社会という海を自力で泳いでいく力をつけて行かなければいけません。

 

 

 

企業という船にしがみつくのも自由ですが、企業の寿命なんて僕らが定年するよりもずっと短いので、会社からいつ投げ出されるか分かりませんよ。投げ出されたときに「自分で泳げない」と、もれなく溺死します。

2.就職せずに生きていく為に、泳ぐ力を培う

資格などを取得するのはもちろん信頼に繋がるので良いとは思いますが、それよりも「自分の武器になるスキル」を習得する事が先です。

 

 

手に職をつける、ってやつですね。

数ある中でも、ITのスキルが有るだけで働き方の幅は格段に広くなります。

 

その手のスキルがある人は、パラフトのように「多様な働き方」を採用している企業に就職する事が出来るようになります。

 

能力さえあればフレキシブルに、楽しく、働ける訳です。

paraft.jp

 

なんなら、上で挙げた「働きたくない理由」がほとんど解消されると言っても過言ではありません。フリーランスエンジニアとして仕事をしている人は家でも仕事出来ますしね。

 

プログラミングや、オンラインで出来る仕事は働く場所を選ばないので「在宅ワーク」としても広く人気があります。

 

 

何かビジネスをやろうと思った時に、「ウェブサイトやアプリケーションを作る」スキルさえあればアイデアを形に出来る訳です。

 

 

起業するにしても、物理的にお店を構える時ような賃貸料、設備投資などの初期費用はほとんど要りません。リスクとして覚悟するのは、時間的なリスクだけです。

 

 

 

私は昨年TechAcademyのWebアプリケーションコースを受講したのですが、ウェブサイトを作るのはもちろん、メッセージのやり取りが出来るような「動的なサイト」も簡単なものであれば作る事が出来るようになりました。

 

 

自分のアイデアを形にしてビジネスも出来るし、プログラミングのスキルを武器にITベンチャーの企業に就職しようと動くことも出来る。

 

これはかなり自分の自信になっています。

 

 

「自分は特別なスキルなんてないし...」という人は、プログラミングを学んでおけば間違いは無いと断言できます。これから小学生でもプログラミングを必修科目として学ぶようになりますからね。

 

今だからこそ「プログラミングは出来て当然。」と言われない。

だから価値があるんです。

 

 

プログラミングは決して難しくありません。僕だって1日1~2時間の勉強だけで基礎はしっかり理解出来ました。

 

 

就職の選択肢を増やしたい。

手に職をつけたい。

何のスキルもない自分を変えてみたい。

 

 

 

という人は、プログラミングを学んで何が出来て、どれだけ人生が変わるのか。

是非チェックしてみてください。

 

 

TechAcademy [テックアカデミー]

 

お金をかけなくても無料で体験授業をしてくれるコードキャンプも、初めての方には人気ですね。

 

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~
現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp

 

 

最後に

考えたフリして、なんとなく就職という道を選んでしまったら絶対に後悔します。

多様な働き方がある今の時代に、「就職」したくないのに「就職」してしまうのか。

 

 

 

そんな気持ちで受け取る内定にどれ程の価値があるのでしょうか。

 

 

お互いの人生を、妥協せずに生きていきましょう。