【完全保存版】明日すぐにでもバイトを辞める必殺技は『辞めない』事だ。あなたの「バイトを辞めるには?」に完全回答します。

SPONSORED LINK
   

 

 

f:id:kyadu777:20161111113648p:plain

 
バイトを辞めたいのに辞められない。辞め方が分からないあなたへ。
 
 
いつまでも自分の人生を他人に左右されていいんですか?
 
 
自分の時間を時給900円そこらの小銭の為に切り売りしてるだけでも搾取されてるのに、さらに辞めたいと思った時でさえ辞められないって苦痛すぎるでしょ。
 
 
そんな生活をしていて良いことは何もありません。さっさと辞めましょう。
 
 
ちなみに僕はこれまで、バイトを辞めたいと思った翌日にすぐ辞める事に何度も成功しています。僕は嫌な事を強いられるのが大っ嫌いなので、辞めたいと思ったらぱぱっと辞めます。
 
 
そこで今回は、営業マン大学生である私が経験と知識を凝縮し、
 
正しい辞め方・辞める時の言い訳と「明日すぐにでも辞める方法」をまとめてみました。この通りにやればすぐにでも仕事を辞められます。
 
スポンサーリンク

 

 

 

【もくじ】
 
バイトを辞める時は法律を最大の盾にしよう

民法という法律で、普通のアルバイト契約の場合はいつでも辞める意思を表明して良いことになっています

 

そして辞める意思表示をしてから2週間後には、法の力をもって雇用契約は終了する。

 

これはアルバイトを辞める時にあなたの権利を守る最強の言い訳なので覚えておきましょう。

 

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。(民法第六百二十七条)

 

Point1.「辞める事を伝えた2週間後には、もうアルバイト契約は法的に無効!」

 

※期間に定めのある「何か月間あなたを雇います!」というような有期契約の場合はまた別。その期間の前半には伝えておきましょう。

 

期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。(民法第六百二十七条)

 

民法と社則はどっちが強いのか

ネット上ではいろんな情報が飛び交っているので、特に疑問になるのがここ。

「民法では辞める事を伝えて2週間後に辞めれる」って書いてあるけど、社則で「辞める時は1か月前に申告しなければならない」となっている場合はどうすればいいのか?というもの。

 

そこで、今回はこの2つの優先順位を分析してみます。

結論から言ってしまうと『民法>>>社則(就業規則)』です。

 

何故ならば、社則とはそもそも会社側が一方的に定めている約束事に過ぎないからです。それに対し民法は法律です。法律を破ってまでルールを定める権力は、社則にはそもそもないので騙されないでください。

 

 

Point2.社則に関係なく「辞める事を伝えて2週間後に辞められる」という民法上の理由が優先される!」

 

 

就業規則は会社側が一方的につくるルール。そのため法律に違反しないことはもちろん、合理的でなくてはいけないという要件が労働契約法に定められています。入社時に周知されていても、合理的でない決まりなら、社員は従わなくていいのです。 (PRESIDENT Onlineより引用)

 http://blog.hatena.ne.jp/kyadu777/kyadu777.hatenablog.com/drafts

 

president.jp

 

明日すぐに辞めたい時には

さて、ここからが本番です。

 

誰でも「辞めたい」とバイト先に伝えてから2週間後に辞める事が出来る事は伝えましたが、厄介なのはそんなに待っていられない時。

 

つまり「明日すぐ辞めたい」という場合ですよね。

 

例えばあなたが店長だとして、ある日バイトの学生が急に仕事を辞めたいと言ってきたとします。

 

「あの…明日からバイトを辞めさせて頂きたいんですが…。もっと勉強に時間を割きたいのと、そろそろ就活に向けてやらなければいけないことがあるので…」

 

 

こんな風にバイトから言われたらどうでしょうか?

 

社会人がたかがバイトの学生を上手に言い包めて辞めないようにする事なんて楽勝なんですよ。百歩譲って辞められる方向に話が進んだとしても、

 

 

「ふーん。辞めたいのは分かったから今月いっぱいは働いてね。次の人見つからないのにそんな無責任な事したらダメだろ?」

 

って言いたくなるでしょう。

 

 

並大抵の理由だったら、別にそれって2週間後からでもいいじゃん。来月からでもいいじゃん。ってなるんですよ。

 

 

明日辞めたいだと?時間をほかの事に使いたいって言うけど、お前今まで、毎日時間を無駄にせずにそんな努力をしてきたのか?ってバイトに対して思いますよね。

 

ただ「つらいから辞めたいだけだろ。これだからバイトは」ってナメられて終わり。

下手したら更に肩身が狭い思いをしながら働く羽目になる可能性も残ります。最悪。

 

 

心して聞いてください。

 

言い訳や辞める事ばかりに目が向いてしまい、これはあまり言及されていない事ですが仕事を急に辞める時には、社会人相手に「それなら仕方ないな...」と思わせるだけの理由や姿勢が必要です。

 

 

Point3.「辞めるのも仕方ないな...」と思わせるだけの理由や姿勢が必要!

 

それでは、辞める時に「辞めるのも仕方ない」と思わせる最強の言い訳は何か。

伝授します。

 

バイトを直ぐにやめる時の超具体的な言い訳と必殺技

最初に答えを言います。

 

バイトを直ぐにでも辞める必殺技は、『辞めない』事です。 

 

 

 

 

はい!ざわざわしない!!

 

 

 

説明します。

 

 

人間は、環境の急激な変化を嫌います。

それはバイト先の店長とて同じこと。

 

今までいたバイトの従業員がいきなり消えるって、結構なストレスなんですよ。

あなたが辞める事で1→0になるっていうのはやっぱり影響も大きいし、それなりに店側もやりくりに困るのです。

 

だから「辞めたい」って言ってるのにあの手この手で「辞めさせない」ようにしてきます。「仕事を辞める」って本当にお互い疲れますよね。

 

そこで、私がいつも翌日に辞めるために行う事は、

1→0にするのではなく、1→1(?)にすること。

 

 つまり、

 

「辞める」のではなく「しばらく休む(また復帰するかも?)という状態に落とし込む」

 

だけでバイトを辞めるとき相手の反応が全く変わるのです。

 

 

そして、辞める(しばらく休む)上で私の成功率100%の理由は『精神的な不調』です。簡単に言うと鬱病のような状態であったり、身体が拒絶反応を示していると伝えます。

 

 中途半端に言うのではなく、本当に苦しいんだ!という事と辞めたい理由を素直に伝えましょう。

 

そうすると『ただ単にバイトが嫌で辞めたい』という説得から『心身が不調で休みたい』という要望に変わる為、『代わりが見つかるまで、今月いっぱいは働いてね』という相手のクソみたいな言い分にも釘を刺せます。

 

それからは、少し時間を空けて『今は回復に専念したいので、辞職させて頂く』旨を伝えましょう。

 

体調崩してしばらく仕事にも出れず休んでいた人にわざわざ『辞めるなら復帰してあと1ヶ月働いてからにしろ!』とも言わないでしょ。

 

『精神的に病んでいたようだし、辞めるのも仕方ないか…。』という気持ちが自然と相手に生まれて、すんなりと辞職出来ます。

 

仕方が無いと思わせる理由で休む+フェードアウトが最強という事ですね。

 

Point4.『辞めたい』ではなく『精神的に苦しいので休ませて欲しい』と伝えてから、様子を見てフェードアウト!

 

電話でも直接言うときもそうですが、理由を伝える時のポイントをしては同時にいろんな理由をごちゃごちゃと言わないことが大事です。自分の休みたい理由がぼやけて、結局言いたい事が伝わらずに終わってしまうので、それはタブーですね。

 

じゃぁ具体的にどんな風に言えばいいの?って所を体験談と一緒に書いていきます。

 

辞める話しをする時の具体的なトークとコツ

先ほどお伝えしたように、辞める時はシンプルに理由を伝えなければ核がボヤけます。

なので「精神的な不調」と「辞めたい理由(つらいと感じた理由)」の2つに絞って会話を進めていくのです。

 

【トークスクリプト】

(電話をかける)

 

あなた「もしもし、お忙しい時にすみません。ただいまお時間宜しいでしょうか。

 

店長「お疲れ、(Q)どうした?」

 

あなた「急に申し訳ありません…。(A)明日のお仕事をお休みさせて頂きたいのです…。」

 

店長「え、困るなぁー。(Q)なんで?」

 

あなた「(A)今は精神的にとても苦しくて…、仕事の事を考えるだけで吐き気がするんです。

 

店長「マジか?(Q)店で何かあったか?」

 

あなた「(A)…実は、(あなたがバイトを辞めたい、つらいと思ったきっかけ)という事がありました。とても苦しいので、とにかく今はしばらく休ませて下さい。お願いします。

 

 

店長「そうか…。わかった、とりあえず明日からしばらくいいから、休みな。」

 

あなた「はい、本当に申し訳ありません…有難う御座います。それでは、失礼致します。」 

 

 

これが、私が仕事を辞める話をする時のおおまかな流れです。

 

何か交渉をする、説得をする時は話の流れを自分から誘導していきましょう。

相手のペースでは自分の望む通りにはなりません。

 

だからこそ、いきなり辞めたい話をバーッと言ってごちゃごちゃと理由を述べるのではなくて、(Q):相手の質問→(A)自分が答えるという流れに統一しています。

 

これがとても重要です。何故なら、相手から質問してくるように誘導する事によって

 

相手の聞く体制を作り出す事が出来るからです。

 

 

「私が居たら効率が悪くて皆さんに迷惑をかけてしまうので…」

「私が居ない方が上手く行くと思うので…」

 

 

とか、アホみたいな後付けの理由は相手にすぐ「そんなことないよ」と論破される上に自分の辞めたい理由もボヤけて結局上手く伝わらない、辞められないという最悪の状況になるので絶対にしてはいけません。

 

Point5.辞める話をする時は会話の流れを誘導して、シンプルに休みたい理由を伝えるだけでいい。

 

まとめ

 

 

大事な4つのポイントをもう一度おさらいしておきます。

  • Point1.「辞める事を伝えた2週間後には、もうアルバイト契約は法的に無効。
  • Point2.「辞める事を伝えて2週間後に辞められる」という民法上の理由は社則に関係なく優先される。
  • Point3.「辞めるのも仕方ないな...」と思わせるだけの理由や姿勢が必要。
  • Point4.「辞めたい」ではなく「精神的に苦しいので休ませて欲しい」と伝えてから、様子を見てフェードアウト。
  •  Point5.辞める話をする時は会話の流れを誘導して、シンプルに休みたい理由を伝えるだけでいい。

 

上記5点を守って、バイトを辞める方向に持っていけば成功する確率が劇的に上がります。僕はこの方法で何度もバイトを辞めたいときに辞めています。

 

バイト辞めたいってSNSでつぶやいたりするくらい辛い思いをしているなら、早く辞めて楽になっちゃいましょうよ。ちゃんとした手順を踏めば休めますし辞められます。

 

もし明日辞めるのに失敗したとしても、2週間後に辞められるのは確定なんですよ。

 

そこまで頑張ったら後は何を言われてもバイトを無条件に辞めてやりましょう。

 

あなたがもっともっと自分のやりたい事・やるべき事をたくさん出来るようになれるように、応援しています。

 

ブラックバイトに負けるな!我が道を行こう!

 

SPONSORED LINK