大学生が株をやったら12分で10,600円稼いだけど1年で30万円損した話

f:id:kyadu777:20161018051801j:plain

 

 

僕は大学2年生くらいの時から投資に興味を持ち、株の取引を始めています。

 

当時はSPDR S&P 500 ETFというアメリカ株式市場の動向を表す代表的な株価指数に連動して値動きをする株を買っていました。

 

 

 

f:id:kyadu777:20161018052749j:plain

今までの株価のチャートを見ると10000円から25000円まで堅調に伸びていたのですが、私が買い始めた2015年あたりからは低迷し始めて、わずかながら配当金をもらったりして利益こそ出ていたものの、今一つ大きな収入源にはなりきらなかったのです。

 

そこで、私も大学3年生になり心機一転。

 

今までのんびりと長期的な投資をしようと思っていた所を、今年の9月から短期的に株を売買して大きな利益を上げる為に、デイトレードに手を出してみました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

思い付きでこんな買い方をしていた

 僕はそこらへんにいる大学生のうちの一人なので、当然株の専門家でもなんでもありません。経営学部としてファイナンスの講義をかじったり金融商品の知識を大学で教えてもらったりと、その程度です。

 

なのでいっそ、「どんな株が良いのかは分からないからこそ、多くの人が注目しているものに便乗しよう!」と他人をあてにしたスケベ心丸出しで戦場に参加します。その上で自分なりの考察を重ねて買うものを決定していきます。

 

 株取引の出来高(取引量)を見て、人気を集めてるな~と思ったら株価をチェック。

今までの株価チャートを見て大体の相場を考えて、安い値段がついてる!と思ったら買い。そして相場くらいの適正価格に戻った頃合いを見て売却するという、なんともシンプルな考え方でここ一か月は取引をしてました。

 

この作戦が意外にも、気持ち良く成功します。

 

f:id:kyadu777:20161018055845j:plain

 

 まず最初に目を付けたのはグルメサイトの食べログや、価格.comで皆さんお馴染みのカカクコム。

 

ここの会社は1年間の株価変動のグラフをみてみると、だいたい2000円以上の所で取引がされているのが分かります。株価の揺れはそれなりにありますが、上がったり下がったりを繰り返しながら結局2000円台には戻るという動きをしていました。

 

最近株価が安くなっててねらい目かなー。と思ってた日のお昼の出来事。

食べログの星評価の公平性についてネット上で炎上するという事件が起きました。

点数を会社が勝手に捜査しているのではないか?という疑惑が出てきたのです。

 

その時のグラフがこちら。

 

f:id:kyadu777:20161018060258j:plain

 ストーン、と1800円から1600円まで急降下。

 

これは買うしか無い!!と速攻でカカクコムの株を購入しました。

 

ネット上では炎上した事に対して様々な意見がありましたが、食べログも価格.comも利用され続けるだろうと信じて、冷静になった時に株価は適正水準に戻るだろうと踏んだのもありますが、買うときはほぼ勢いです。

 

急な価格変動は、いずれ適正な水準に戻っていく

 

f:id:kyadu777:20161018060656j:plain

 1616円と1638円で購入したカカクコムの株価は、案の定数日後に1783円まで復活。

その場で売却して合計+31,200円の利益です。超おいしい。

 

この後も様々な株を同じ理論で購入していきましたが、結果は同様。

f:id:kyadu777:20161018061112j:plain

 

三井住友トラスト・ホールディングスを購入し、これはその日の内に買った株を売ったので、1日で+29,200円の利益でした。

 

株って素晴らしい!ひゃっほい(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

と誇らしげに1週間で合計+9万円程稼いでいた私に悲劇が訪れます。

 

買っていた株が大暴落して3日で10万円損した

お約束の大損です。

 

自分でお値打ちな株を探すのも少し疲れたので、楽をする事を考えだしました。

すると、「明日の注目株はこれだ!!」というサイトを発見。業績の上がった会社や、株価があがるような材料を紹介してくれる便利なものを見つけてしまったのです。

 

そのような株の銘柄を推薦してくれるサイトはたくさんの人が見ているので、取引の量が多くなりやすいのです。それに便乗しようとして、調子づいている私は大量に購入。

 

購入してからは、上がることを祈ってしばらく放置していました。

10月に買った株を1週間後にそろーっと株価を見てみると。

 

f:id:kyadu777:20161018062558j:plain

 

 

 あああぁぁぁぁぁ!やらかした( ゚Д゚)

 

 

-99,200円の損失。まるで夢を見ていたかのように、私の稼いだお金は跡形もなく消滅していました。

 

…むしろお金減った(´・ω・`)

 

 

勢いに乗ってどんどん突き進んだものの、そこに根拠は無かった。

最初、株を安く買っておいて値段が適正水準に戻ったら売る、という理論で取引していた時は上手くいっていました。しかしながら、この失敗した時の買い方は完全に他者の情報に依存して買っていただけなので、思考停止していたのです。

 

しかも「何円の損が出たら売却する」というような切りのルールも一切作っていませんでした。他人の情報に頼って、株価が上がることを祈って神頼み。

 

そりゃ負けますね(´・ω・`)

 

株は当然、取り引きによって利益を得ることもあれば損をすることもあります。

だからこそ、ちゃんと自分なりに会社の業績を調べたり、株価のチャートを見たりという分析をする作業に手間を惜しんではいけません。

 

逆に言えば、株価の水準を見る等の分析した上で、自分なりに良いと思う会社の株を買うなら成功することは大学生でも難しくはありません。私がコツコツと1週間で利益を上げてきたように。

 

自分の意思で客観的に分析して根拠を得る事は、お金を稼ぐ上でもやはり重要になってきますね。

 

結局のところ株は儲かるの?

f:id:kyadu777:20161018073140j:plain

 

当然損失を得る可能性もありますが、自分で決めたルールに沿って、株価の動きを見ながら投資を行えば、学生の僕ですらお金を稼ぐことが出来ました。

 

社会人の方々と違って大学生は時間に融通が利きやすいので、むしろ大学生の方が儲かる可能性は高いのではないかと思っています。

 

 

講義の合間、昼休みなどにちょっとしたニュースを見ることも出来て株価の変動に対応しやすいので、大きな損害を防ぎやすく、+31,200円の利益を出せたカカクコムの例のように大きく稼げるチャンスも掴みやすいですからね。

 

株には興味あるけどよく分からないわよー(´・ω・`)

 

という方は、証券会社に溢れている初心者向けの情報を眺めてみると、とても分かりやすいのでオススメです。

 

今は水準を見た相場感と直感で取引をしていますが、テクニカル分析など様々な投資戦略はこの世に溢れているので、そういう失敗しにくい「客観的な根拠をもった取引」を今後は出来るように私も勉強していくつもりです。

 

大学生活において、こうしたアルバイト以外の収入源があると本当に楽しいです。

ちょびっと稼いで、みんなで美味しいご飯を食べに行きましょう。それでは(´・ω・`)♪

 

※2017年1月2日追記

 

「初心者はコツコツ稼いで、ドカンと暴落する」と、株を始める人なら誰もが目にする注意文句があります。コツコツドカンってやつですね。

 

小さな勝ちを経験して、調子に乗って大きな勝負に出たところで大損害を出すというありがちなパターンなのですが、

 

私も例に漏れず大暴落を経験して大損しました。

しかも2回も(´・ω・`)

 

40万円から初めて、一時は60万円にまで軍資金も今では25万円にまで減ってしまっています。

 

ツイッターの方ではちょこちょこ報告をしていたのでご存知の方も多いかとは思いますが、こまめに利益は出ていたので株が楽しくて仕方がありませんでしたw

 

先月はたった12分間で10,600円稼いだりしていました

 

 

14時43分に+1,300円の利益だったのが、14時55分には+12,600円にまで上昇しました。

 

モブキャストの株が当時、アニメとコラボした企画を発表して、期待感からいっきに株価が高騰し始めたんですね。それを見逃さずに、流れに乗ったのです。

 

大学生は社会人の方々と違い、時間にかなり余裕があるのでトレンドの変化に気付くチャンスが多いので、このように株価の変化にすぐに対応することが出来るので、有利なんですよ。

 

株価の動きをチェックしながら見守っていると、株を購入してから3日後には+34,100円の利益を叩き出してくれました。1日に1万円を余裕で稼げています。

 

 

f:id:kyadu777:20170102160552p:plain

 

こうしてコツコツと利益を出しながら株式投資を楽しんでいました。

1日1万円も株で稼げたら生きていけるやん(*´▽`*)

 

はぁ幸せ(*´▽`*)

 

 

なんて過ごしていたんですけれども。

ここで欲が出ます。

 

ちょっとお金が入るようになると、人間というものは

 

もっと稼ぎたい!!!

 

 

ってなっちゃうんですね。

 

 

そこで、モブキャストの株をすべて売り払い、購入単価の低い「日本アジア投資」の株に全額を移しこみました。日本中を騒がせた「君の名は。」を中国で上映するにあたり、関連企業に出資しているという情報が回っていたため、

 

「コレは大化けするのでは!?」

 

と根拠の無い自信で投資をしてしまったのです。

すると自分が追加で購入した段階ではかなりの高値、そこからみるみる下落。

 

f:id:kyadu777:20170102162021p:plain

 

800円の株を500個、40万をはたいて購入した「日本アジア投資」の株が、その後600円、500円台に...と、あっと言う間に暴落しました。

 

たった1か月で40万円が30万円にまで減ってしまった。

当時は自分が信じて選んだ会社なのにね。

 f:id:kyadu777:20170102160744p:plain

 

最後には諦めて、購入した時とは比べ物にならないくらいの安い値段ですべて売りました。大失敗です。

 

-111,000円の損失。

 

失敗した理由。何がいけなかったのか?

思いつきのトレードのような軽率な行動はこのような大失敗をもたらします。

投資は自分の大切なお金を賭ける以上、熟慮すべき点はいくつもありました。

 

 

  • 実際にどれだけの利益に繋がるのか?
  • その情報の出所は信頼できるのか?
  • 中国での興行収入に対しどれだけのリターンが見込めるのか?
  • 中国での売り上げが日本に還元されるのか?

 

これだけの事を、時間をかけて調べておくべきだったと反省しています。

そして、また損切りラインも設定してないので同じ失敗もしている。

 

これじゃ勝てるものも勝てない。

 

 

楽観的な期待だけが先行した状態はバブル経済のようなもので、その思惑が実際と異なると発覚した途端に株価は大きく崩れます。 

 

自分でしっかりと調べて、騙されないようなリテラシーが無ければこれ程に投資は危険になるということですね。

 

25万円に軍資金が減った所で、一度株式投資の世界から抜ける事にしました。

証券会社の口座からもお金を全額出しました。

 

 

自分なりに「投資をする上でのルール」を確立するまでは一度足を洗う事にします。

 

 

これからの投資との向き合い方

投資をする上での戦略をしっかりと見つけられるように、勉強を始めました。

 

テクニカル分析、ファンダメンタル分析などいろいろな物がありますが、本腰を入れて丁寧に学んでいきます。

 

数十万という、学生にとっては大きな失敗も経験しましたが、実際にお金を賭けて相場を眺めていく事で実践経験も積めました。「お金に対するリテラシー」を身に着ける上で、投資というのは良い手段です。

 

投資は特に「習うより慣れろ」の世界なので、失敗しても良い額でまずは自分でお金を動かしてみる事。これがやはり大事なのだと感じますね。

 

副業として確立できるよう、またいつか株式市場に戻ってきます。

強いられる労働から解放される為には、諦められない。

 

スポンサーリンク